勉強道具

看護の仕事に就く|専門学校で知識と技術を習得

色々な種類

看護師

いろいろな形

看護師として活躍をするためには看護師の資格を学校で勉強して、さらに国家試験に合格をして得ることになります。この資格取得に向けて勉強をすることができるところが日本国内には数多くあり、就職に向けて優位になることからたくさんの人が勉強をしています。一言で看護のことを勉強することができる学校と言っても形が様々であり、自分に合っている学校探しをしていくところから始めることになります。一般的には大学と呼ばれているところと専門学校があり、授業のやり方や勉強をすることができる内容、さらに取得をすることができる資格の種類もさまざまです。入学時の偏差値にも差があるために、事前に下調べをしっかりとして進学をすることがポイントです。

勉強期間

看護のことを勉強することができる学校はたくさんの違いがあるので注意点もたくさんあります。その1つが勉強をする期間です。大学でも2つの種類に分けることができ4年制大学では4年間、短期大学では2年間の勉強が必要です。専門学校でも2年間と3年間のところがあり、学校によって勉強をする期間には大きな違いがあります。これによって得ることができる資格にも違いが生じたり、看護の資格以外にも資格を取得することができたりするケースもあります。学校によって勉強内容には大きな違いがあるので、学校紹介などをみながら自分の希望と一致するのかどうかを調べる必要があります。学校公開やオープンキャンパスがあればこうしたものに行って話を聞くのも1つの方法です。

人を癒せる仕事

あん摩マッサージ指圧師の資格をとれる学校はあまり多くありません。しかしマッサージ師は年齢と共に給料が上がっていく仕事ですし、技術さえあれば70歳を過ぎても働くことができます。人を癒したい、働くなら技術職が良い方はマッサージ師がオススメです。

手足がない人に貢献する

義肢装具士という職業は手足のない人に義足や義手などの人工の手足を作ることが仕事ですので、手足のない人からとても感謝される職業です。また、生まれつき手足がない人に義足や義手を作ってあげることができるので、非常に社会に貢献できる職業です。

眼科医をサポートする

視能訓練士は、患者の目の検査やリハビリを担う専門職であり、眼科医と連携する役割を果たします。視能訓練士になるには3年以上養成施設に通学し、国家試験に合格する必要があります。現在のところ合格率は高めですが、今後下がる可能性も否定できません。養成施設での勉強はしっかりこなし、一発合格を目指しましょう。