婦人

看護の仕事に就く|専門学校で知識と技術を習得

手足がない人に貢献する

男女

義肢装具士がいなければ手足がない人は歩いたり、物を掴んだりすることができないので、それらの生活の不便を解消することができます。生まれつき手足がない人はもちろんですが、事故などで手足を失ってしまった人にも義足や義手を提供することができます。最近では義肢装具士の資格もあることで知られています。

義肢装具士が義足や義手を作る時は、その人の体格にあった義足や義手を作らなければならないので、その人の体の寸法などを正確に測る能力を求められます。そのため、ミリ単位の感覚で仕事ができないとこの仕事をするには厳しいです。義足や義手は1回作ったとしてもその患者さんの体に合わなければ、もう1度作りなおしたりなどもするので義肢装具士はかなり根気が必要な仕事でもあります。義足や義手が古くなってしまったらしっかりとメンテナンスをして、もう1度患者さんに使ってもらい長い期間で患者さんと付き合っていくことになります。患者さんの体が成長期などで体格が大きくなる時などでも、義足や義手を交換したりします。逆に、高齢者など患者さんの体型が小さくなっていく場合でも、義足や義手を交換したりします。義肢装具士になるためには、専門学校に通わなくてはなりません。基本的な知識や技術だけではなく、専門学校で何度も練習することによってミリ単位の感覚もつかんでいくことが出来るでしょう。